家計診断をすることで借金地獄に陥らなくて済む

家計の悩みがある

家計を見直す

電卓と紙幣

「節約しているのにお金が貯まらない」「老後の資金を貯めたい」「保険を見直したい」。そのような家計の悩みがあるのなら、ファイナンシャルプランナーに家計診断を依頼してみてはどうでしょうか。自分ではしっかり家計管理をしているつもりでも、間違った節約をしていたり余計な保険に入っていたり、自分では気付いていない家計の無駄があるかもしれません。家計診断では、そのような自分では気付けなかった家計の無駄を指摘してもらえます。とくに保険料は、家計に大きな影響を与えます。ファイナンシャルプランナーと一緒に保険を見直し、各家庭に適した保険を選びましょう。ファイナンシャルプランナーの役割は、現在の家計を見直すだけではありません。将来の目標・老後の生活設計など、各家庭のライフプランに合わせたお金の使い方をアドバイスしてくれます。ただし、お金の使い方を助言されても、それを実行できなければ意味がありません。家計診断であれば、家計を見直した後も、アドバイスされたお金の使い方ができているかチェックしてもらえるので、お金にルーズな人でも安心です。また、家計診断を依頼する時は、そのファイナンシャルプランナーの実績を確かめることも重要です。ファイナンシャルプランナーは、保険・相続・税金・投資など、お金に関する多様な知識を持っていますが、得意分野はそれぞれ異なります。実績を確認し、家計診断の依頼をたくさん受けているファイナンシャルプランナーを選びましょう。

上手に利用するポイント

スーツの人

保険は人生における出費のうち、住宅の購入に次いで二番目に高額な出費とされています。一番高額な住宅は金額を確認したうえで契約をすることが出来ます。ところが保険商品は、多くの場合月単位や年単位で支払います。ですから気づいたら、集計してみたら高額な出費だったと気づくのです。最近では家計診断を行ってくれるイベントなども多く開催されています。こうしたイベントの多くが無料で行ってくれます。こうしたイベントの多くは家計診断を行い、より家計に合った保険商品に加入し直してもらうことにあります。というのも保険が家計を圧迫しているケースも多く、自分たちの生活には必要のない保険に加入しているケースが多いのです。将来に対する不安から必要以上の保険に加入することで、現在の生活を圧迫してしまいます。将来病気などになった場合を想定して、どの程度の保証が必要かをしっかりシミュレーションしておくことがポイントです。そうして必要なだけの保険に加入することで、無駄な保険料を豊かな生活を送るための費用に回すことも可能です。家計診断を行ってもらう際に、今の状況はある程度簡単に把握することが出来ます。問題なのは数年後、あるいは数十年後の診断です。数年後の診断をするにあたって子供の進学は大きく状況が変化するポイントです。もちろん理想通りに子供が進学するとは限りません。しかしその中で大学まで行くのか、高校や大学は私立なのか公立なのかといった部分で大きく状況は変わってきます。家庭の状況を踏まえて、しっかりとライフプランを立てるためにも、家計診断を上手に利用することで将来に安心感を持つことが出来ます。安心感が持てたら、現在の生活をより豊かに有意義にすることも可能です。

赤字をなくそう

説明

家計診断というと、家計の無駄をなくすということをイメージする人も少なくありません。しかし、家計診断は無駄をなくすだけでなく、ゆとりのある家計にするということも目的に含まれています。つまり、家計診断は無駄をなくし、その節約できた部分で将来のために資産運用をするというところまでが取り扱いの範囲というわけです。自分で家計診断をやっている人もいますが、初めて家計診断を行うのであれば、ファイナンシャルプランナーに相談するとよいです。ファイナンシャルプランナーはお金に関する知識を幅広く揃えているので、ファイナンシャルプランナーに相談することで、専門的な立場から客観的な意見をもらうことができます。ファイナンシャルプランナーに家計診断を依頼する際には、チェックリストを記入することが多いです。これは現在の家計を把握するためのものです。これら支出項目の記載についてはできるだけ正確に記入しましょう。ケースによっては裏付け資料として住宅ローンの返済明細や生命保険の証券等の提出をお願いされることもあります。チェックリストを提出するとライフプランが設計されます。これにより将来どれくらいのお金が必要になるのかということがわかります。このライフプランが作成された段階で将来キャッシュフローが赤字になっている人も少なくありません。家計診断では、この将来キャッシュフローの赤字を解消し、さらには増やすための取り組みをしていくことになります。

適切な保険を見つける

男女

家計診断は専門家にしてもらいましょう。通常、ファイナンシャルプランナーにお願いすることになります。実績と評判から選びましょう。適切な保険商品などを紹介してくれます。また、信頼できる人を選ぶことが大切です。

もっと読む

貯金をしよう

ウーマン

家計診断は診断そのものよりも、その後、きちんと実行するかどうかが重要なポイントとなってきます。家計診断を受けたことで満足せずに、自分で期限を決めて、その期限までに改善項目を全て行うように心がけましょう。

もっと読む

健康診断と同じく早めに

男の人

家計診断は早いうちに相談をすることで、家計における無理な部分や無駄のなっている部分を発見できます。将来老後資金を貯めるためにもどのくらいの期間で毎月どれだけ貯蓄すればいいかなど、お金と時間の使い方が分かります。

もっと読む