家計診断をすることで借金地獄に陥らなくて済む

貯金をしよう

プロに見てもらおう

ウーマン

毎月の貯金額を今よりも増やしたいと考えているのであれば、ファイナンシャルプランナーに家計診断をしてもらいましょう。自分で家計をいくら見直しても、気付かないことは数多くあります。専門家の目で、家計を見直してもらうことで、家計を大幅に改善できる可能性もあります。家計診断をしてもらう際に気を付けなければならないことが3つあります。1つ目は、支出について正直に全てを話すということです。自分の中で伝えるものと伝えないものを選別してはいけません。2つ目が家計診断をしてもらっただけで満足してはいけないということです。家計診断は実行することで初めて効果を発揮します。いずれやろうという気持ちだと、いつまでもそのままになってしまい、結局、家計の改善につながりません。家計診断をしてもらったら、1ヶ月以内に全てを実行するというように、期日を設定しておくとよいです。3つ目は、家計診断を定期的に受けるということです。時間が経ってくると、新たな出費が生じたり、より良いサービスが登場したりします。家計診断を1回受けて満足するのではなく、数年に1度のペースで受けるようにしましょう。この3つの注意点をきちんと守っていれば、無駄のない家計になり、貯金もしやすくなります。お金が貯まるようになれば、投資をすることもでき、新たな副収入を得られる可能性もあります。その第一歩が家計診断です。少しでも早く取り掛かることをお勧めします。

実績を確認しよう

レディ

自分ではしっかりと管理をしているつもりなのに、ほとんどお金が貯まらない、と悩んでいる人も少なくありません。また、突然の出費が発生して慌てたり、クレジットカードの利用額が想定より多くて焦る人も多いです。このような人たちにお勧めなのが家計診断です。家計診断をすれば、どうしてお金が貯まらないのか、何にどれくらいお金を使ってしまっているのか、近い将来にどのような出費があるのか、といったことを把握できるようになります。家計診断は自分でもできますが、高い効果を得たいのであれば、ファイナンシャルプランナーに依頼しましょう。第三者の立場で家計を見てくれるので、客観的に家計を見直すことができます。ファイナンシャルプランナーは様々なところで活躍していますが、家計診断をお願いするのであれば、独立系のファイナンシャルプランナーが良いです。銀行や証券会社、生命保険会社にいるファイナンシャルプランナーの場合には、相談自体は無料ですが、最終的に自社が取り扱っている商品を売り込むことを目的としています。しかし、独立系のファイナンシャルプランナーの場合には、相談料としてフィーを取っているので、中立的な立場でアドバイスをしてくれます。また、独立系のファイナンシャルプランナーに依頼をする際にも実績をしっかりと確認しておきましょう。家計診断の実績が多ければ、それだけ対応策も多く、より良いアドバイスをもらえることが期待できます。

支出の何に注目するのか

男女

毎月の生活が苦しくどうにかして改善したい、このようなことを考えている人は、家計診断をして見直ししたほうがよいでしょう。家計診断の見直しをするためには、まずは支出や収入の現状を把握する必要があります。年間収入金額はどのくらいあるのか、年間支出金額はどのくらいあるのかといったことです。年間収入金額は、会社からもらっている給料に頼るところが大きいと思います。そのようなことから年間収入金額より、年間支出金額に注目することで、家計診断の見直しができることでしょう。年間支出金額から細かく分けていき、1ヶ月単位でどのようなものをいくら使っているのか、家計診断書のようなノートに書き込んでいきます。このような家計診断書のようなものを作ることで、自分自身がどのような生活をしているのか、再確認することができます。支出金額を減らすことができれば、年間収支は現在よりも改善されるわけです。支出金額を減らす方法として、余分なものにお金を使っていないか注目します。支出の中でも大きいのが、保険契約料金です。保険の加入は欠かせないものですが、プランの見直しによって毎月の支払額を抑えることができます。このような商品は、なかなか馴染みの薄いものなので、自分で保険証券を見つめていても、いつまでたっても解決策が見つからないことがあります。そのようなときは専門家に見てもらい、解決策を探るといった方法もあります。保険は家族構成や年齢によって適したプランが変わるものなので、定期的に見直してみましょう。家族に最適な保険を選んで、支出も抑えましょう。

適切な保険を見つける

男女

家計診断は専門家にしてもらいましょう。通常、ファイナンシャルプランナーにお願いすることになります。実績と評判から選びましょう。適切な保険商品などを紹介してくれます。また、信頼できる人を選ぶことが大切です。

もっと読む

貯金をしよう

ウーマン

家計診断は診断そのものよりも、その後、きちんと実行するかどうかが重要なポイントとなってきます。家計診断を受けたことで満足せずに、自分で期限を決めて、その期限までに改善項目を全て行うように心がけましょう。

もっと読む

健康診断と同じく早めに

男の人

家計診断は早いうちに相談をすることで、家計における無理な部分や無駄のなっている部分を発見できます。将来老後資金を貯めるためにもどのくらいの期間で毎月どれだけ貯蓄すればいいかなど、お金と時間の使い方が分かります。

もっと読む